自家製ビールキット

プロフィール

beerlover

Author:beerlover
最近イギリスより帰国

ベルギービール
イギリス
パブ
エール


銘柄別

カテゴリ

最近の記事

イギリスのパブ・ビール記事TB

BlogPeopleリンク

最近のコメント

最近のTB

RSSフィード




>>>イチオシなビー ルはここから<<<


スポンサーサイト


[ ランキング ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング FC2 Blog Ranking TREview『お酒』ブログランキング

謹賀新年


[ ランキング ]

謹賀新年。

年末年始は飲んだ、また飲んで、飲んだ。やはり主にビールである。

このままでは血液がビールになるのではないか、などとワイン好きで有名な某女優の語録のようだが、それを中和(?)してくれるのがご存知ウコンの力である。

二日酔いにならないサプリ、偉大である。


年末はイギリスに里帰り(?)をしたのだが、円高のおかげでパブのビール代も安くあがったのは嬉しい限りだ。物価高を嘆く現地の友人たちには悪いが。


ところで、ベルギービールといえばトラピストが有名である。
トラピスト派の教会で僧侶が醸造するビールだ。

これのひとつにシ メ イという有名どころのビールがある。

シメイにはレッドラベル・ホワイトラベル・ブルーラベルの3種類があるが、自分は青ラベルをよく飲む。ちなみにブルーはアルコール度9%である。ビールの中でも高アルコールの一つだ。







このシメイ専用ビアグラスだが、下記の形状である。







ごらんのように足付きグラス。これはキリスト教の聖杯をかたどったものらしい。
いかにも僧侶のビールである、クリスマスやイースターにこれで飲めばなにやらピッタリだな。



キリスト教、カソリックといえば、教会ではワイン作りなわけだが(キリストの血といわれる)、悲しいかなベルギーはワイン作りの風土に適していない。

なもので、かわりにビール醸造が発達したのではなかというのが私の考えだ。

まあおかげで我々ビール愛好家にとってはうまいベルギービールの種類が多いことは嬉しい限りではある。


↓の評価ボタンを押してランキングをチェック!
素晴らしい すごい とても良い 良い
スポンサーサイト
人気ブログランキング FC2 Blog Ranking TREview『お酒』ブログランキング

UK-Japan 2008 公認ブロガー


[ ランキング ]

今年2008年は日英修好通商条約調印150周年である。

それを記念して、日本ではブリティッシュカウンシル主催でUK-Japan 2008というイベントが行われている。

「芸術、科学技術、クリエイティブ産業の分野で創造性あふれる現代の英国をご紹介するとともに、日英間のコラボレーションの活性化と両国のさらなる発展をめざす催し」

なのである。


公式イベント
を見てみると、実にさまざまな催しが日本各地で行われている。

イギリス映画やTV番組をはじめ、アート展、コンサート、バレエ、レクチャーなど、まこと多様なイギリスの面が見られる。


ところで、このUK-Japan 2008では、公認ブロガーを募集している。
拙ブログ認定された。

これからもイギリス事情等、ビールの話題なんぞを通して少しでも紹介していこうと思う。


UK-Japan 2008の詳細は公式サイトにて参照されたし。 http://www.ukjapan2008.jp/






人気ブログランキング FC2 Blog Ranking TREview『お酒』ブログランキング

イギリスのサイダー人気


[ ランキング ]

先日ロンドンへ行ってきた。日本に帰国してからそれほど間が無いが、一種の里帰り気分である。


イギリスの夏は日本の蒸し暑さと違い、湿気が少ないので気温が高くてもさらっとした夏である。

ただし、地下鉄の中は冷房が無いので相変わらず暑い。


パブではガーデンで飲み物を飲むのに良い季節である。

公園ではピクニックをする人々も。アメリカとは違い、公共の場でもアルコールは飲める。パブの外にも人があふれ、スーツ姿で立ち飲みする人々の姿がよく見られるもイギリスならではである。

ところで。
ここ2~3年イギリスではサイダーが人気である。特に夏。

サイダーとは「リンゴ酒」である。フランスで言えばシードル。日本のソフトドリンクの炭酸飲料とは別物である。

ローカルサイダー(地サイダーとでも言うべきか)は、イギリス南西部のサマセット州産が有名である。
農家の醸造所へ行けばポリタンク入りでサイダーが買える。


しかし、サイダーといえば、以前のイメージでは「田舎のおばあさんの飲み物」的イメージであったが、ここのところ若者に人気がある。


パブでは、昔からあるStrong Bowが有名でほとんどどこのパブにもある。

しかし最近人気なのが瓶入りのBulmersやMagners。ボトルは568mlと大きめ。氷を入れて飲む。アルコール分は3.5~4.5%と低めである。

イギリスに行かれたらパブで是非お試しあれ。夏にスッキリ飲みやすいサイダーである。ペアーサイダー(洋梨サイダー)もある。


magners.jpgbulmers.jpg



人気ブログランキング FC2 Blog Ranking TREview『お酒』ブログランキング

英国チャールズ皇太子のエールビールとビスケット


[ ランキング ]

イギリスのチャールズ皇太子の造っているビールはご存じであろうか。

ダッチー オリジナルオーガニック エールビールである。

ハイグローブの自家農園をはじめ、イギリス国内の厳選された農場で収穫した大麦を、昔ながらの伝統の製法で醸造されている。






ダッチーオーガニックエールビール 500ml アルコール5%



このエールの味。

素朴でエール特有のほろ苦さと甘味のバランスが良い。それほどクセのある味ではない。
昔ながら素朴さがこのエールの特長である。

原材料がオーガニックだけあって、体にも良さそう(?)である。



実は、ダッチーブランドの製品はエールだけではない。

ダッチーは、元々チャールズ皇太子の監修の下、「英国の豊かな実りを自然のまま美味しく」をモットーに設立されたオーガニック食品の会社である。

製品も、ブレッド、肉類、乳製品、チャツネ、ドレッシング、スープ、アルコール類、ジュース類、ボディケア用品、ガーデニング用品など、オーガニックの物が揃っている。

詳しくはサイトをご覧あれ。
Duchy Originals (英語サイト)


価格もそれほど高くはなく、イギリスのスーパーでは他の製品と肩を並べて売られている。


このダッチー社の最初の製品はオーツビスケットであり、そのためかビスケットの種類がわりと豊富である。

ちなみにこのビスケットの中では、私はジンジャービスケットが好みである。
まことにイギリス的な味。









ダッチーオリジナル バタースコッチショートブレッド 250g





ダッチーオリジナル レモンビスケット 250g





ダッチーオリジナル ハイランドショートブレッド 250g





ダッチーオリジナル ジンジャービスケット 250g



日本の同様の事情ではとても考えられないが、英国王室皇太子ブランドの製品がごく普通に売られているイギリス事情である。


人気ブログランキング FC2 Blog Ranking TREview『お酒』ブログランキング

イギリス ペールエール 「Bass(バス)」


[ ランキング ]

イギリスのペールエール、日本でも比較的手に入りやすい「Bass(バス)」の紹介。






バス ペールエール【イギリス】 355ml瓶 12本セット 専用グラス1個付き



アルコール度:5.1%
タイプ:エール(上面発酵)


バス ペールエールは、コクがあるエールの特徴の味だが、さらにキレがある。その点日本人の口に比較的合うエールである。

他のイギリスのペールエール同様、冷やし過ぎると風味が損なわれる。
最低でも10℃ほどの温度で飲むのがエールは旨い。


イングランド中部、イギリス中部・スタッフォード州にあるバートン・アポン・トレントという街で造られている。
イギリス国内でも普及率の高いエールである。上の画像のラベルにもある赤い三角がBassのトレードマークである。

製造元のThe Bass & Co Brewery社は、1777年にウィリアム・バス氏によって創立された。



蛇足だが、同姓同名のウィリアム・バスという名のイギリス人友人が自分には二人いる。
残念ながら彼らはエール派ではなくラガー派である。



人気ブログランキング FC2 Blog Ranking TREview『お酒』ブログランキング


▲ページトップ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。