自家製ビールキット

プロフィール

beerlover

Author:beerlover
最近イギリスより帰国

ベルギービール
イギリス
パブ
エール


銘柄別

カテゴリ

最近の記事

イギリスのパブ・ビール記事TB

BlogPeopleリンク

最近のコメント

最近のTB

RSSフィード




>>>イチオシなビー ルはここから<<<


TOP > 2007年12月

スポンサーサイト


[ ランキング ]

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
人気ブログランキング FC2 Blog Ranking TREview『お酒』ブログランキング

ベルギー ヒューガルデン 白ビール


[ ランキング ]

黒ビールギネスの話題が続いたので、今回は白ビールについて。ベルギービール。


hoegaarden_and_glass1.jpg
ヒュ-ガルデン白ビール。アルコール5%、330ml、398円


世界的に有名なベルギーの白ビール。この白ビールはヒューガルデンの代名詞にもなっている。名前のとおり白く、そして濁っている。
原材料は、大麦胚芽、小麦、ホップ、ミネラル水。それにオレンジピールやコリアンダー(香草)、クローブ(丁子)のほのかな香りが加わる。
味は見かけよりもすっきりさわやか。これを好む日本人も多い。
フランスなど南欧では、これやクローネンブルグ ブランなどの白ビールにレモンスライスを入れて飲む。カクテル感覚なのだろう。イギリスのパブでは、気の利いた店ではレモンを入れるか聞かれる。
私はベルギー式に、レモン無しが好みである。レモンの酸味が香りを損なうと感じる。フランスで飲む時には、いつも店の人に「レモン無しで」と前置きして頼む。


他のヒューガルデン社のビール。以下2種類は日本で手に入る。


hoegaarden_grandcru_and_glass1.jpg
ヒュ-ガルデン グランクリュ。アルコール8.7%と高め。330ml、420円。


ほのかな甘味があり濃厚な味。とコリアンダー(香草)、オレンジピール、クローブのほのかな香りもあり。非熱処理、瓶内二次発酵による熟成が楽しめる。冷やさずに室温~20℃程度の温度で飲むのが味が引き立ちおすすめ。

ヨーロッパ、特に北欧では、高い税金のためアルコール度の高いビールは度数の低いものより値段が格段に高くなるのだが、日本ではあまり価格が違わないのが嬉しい。




hoegaarden_forbiddenfruit_and_glass.jpg

禁断の果実(Verboden Vrucht / Forbidden Fruit)。アルコール8.8%、33ml、420円。

ベルギーが誇るフランドルの巨匠ルーベンスの絵画「アダム&イブ」のラベルが有名。「禁断の果実」という面白い名はこれが由来である。
コリアンダーやオレンジピール、グローブの香り。非熱処理、瓶内二次発酵による熟成が楽しめる。ホップも利いていて甘味があり濃厚な香りと味。冷やさずに室温~20℃程度の温度で飲むのが味が引き立ちおすすめ。ビールとグラスのボックスセットもある。




その他、日本では未発売(であろう)ヒューガーデン社のビール。



hoegaarden_special_and glass

スペシャル。アルコール5.7%。10月~1月の季節限定発売。




hougaerdse_das.png

ダス。アルコール5.1%




hoegaarden_rose_and_glass.jpg

ロゼ。新発売のビール。>ヒューガルデン本来の味に加え、ラズベリー風味。通常のクリーク系フルーツビールより発色が良いか。これはまだ飲んだことがないので、機会があればぜひトライしたい。



ところで、この「Hoegaarden」なのだが、発音が非常に難しい。
現地フラマン語では、フーハールデンと聞こえる。英語ではヒューガーデンとかホゥガーデン。日本語は、それこそ呼び名が多く、ヒューガルデン、ヒューガルテン、ヒューガーデン、ホーガーデンなど表記も色々。
世界的に有名なビールなのだし、何とか呼称を統一してもらいたいところである。
スポンサーサイト
人気ブログランキング FC2 Blog Ranking TREview『お酒』ブログランキング

ギネス フォーリン エクストラ スタウト


[ ランキング ]

先日の日記で、ナイジェリア産ギネスの紹介をした。ギネス フォーリン エクストラ スタウトである。


ギネス フォーリン エクストラ スタウト、日本でも売っているか検索したところ、あった!







330ml、アルコール7.5%にしては安くて1本258円の店
他でも300円以下で売っている。

肝心の「ナイジェリアギネス」かどうかはわからないところ。ここの店こっちの店を見ると、「アイルランド原産」となっている。
先日の日記にも書いたとおり、ナイジェリアギネスは、アイルランドで製造された「スタウトの素」を使っているのだから、上記の物が「アイルランド原産」でもウソではない。
そして、上記サイトでの説明が「主にヨーロッパなどに向けて輸出されているギネス」とあるので、もしかしたらナイジェリアギネスだという可能性が無いわけではない。ナイジェリアンギネスは、ヨーロッパに輸出されている。アイルランドへは逆輸入である。

とりあえず、取り寄せて裏ラベルと味を確かめてみようと思う。
ナイジェリアギネスの名誉のために一応。決して不味いわけではない。ただ、他のギネスに比べて味が「違う」。さらに濃い。ナイジェリアのペールビールとブレンドしてあるので、「ギネス+他のビール味」がする。詳しい違いは、どうぞご自身で確かめて下さい。

百聞は一飲にしかず。



人気ブログランキング FC2 Blog Ranking TREview『お酒』ブログランキング

アフリカ・ナイジェリア産ギネス


[ ランキング ]

私が今まで飲んだことのあるギネスは5種類。

ギネス ドラフト
ギネス ドラフト(缶) エクストラスムース
ギネス ドラフト エクストラコールド
ギネス オリジナル
ギネス フォーリン エクストラ スタウト

全部いわゆるスタウトの黒ビールだが、味が微妙に違う。
イギリスのパブでは、樽から注ぐドラフトとエクストラコールドの2種類が主。
私はエクストラコールドよりももう少し温度の高いまろやかなドラフトが好みだ。

ところでリストの最後の、フォーリンエクストラスタウト。ボトルである。
これは何とナイジェリア産。通称ナイジェリアンギネスと呼ばれる。ナイジェリアではギネスの消費量伸び率が非常に高いのだとか。
ギネス社ライセンスの下、ダブリンの工場から水分を除いた「スタウトの素」を輸入して、地元のペールビールとブレンドして造られるそうな。そんなんでアルコール度は7.5%と通常ギネスより高め。味はいわゆる「濃い」。
これは、よくイギリスの小さい酒屋で見かける。
日本で手に入るかどうかはわからないが、見かけたら物は試し、御一飲を。


↓ナイジェリアンギネスのボトルの裏ラベル(クリックで拡大) 「ナイジェリアから輸入」とある。
nigerianguinness_back



↓表
nigerianguinness_front



人気ブログランキング FC2 Blog Ranking TREview『お酒』ブログランキング


▲ページトップ

FC2Ad

Powered by FC2 Blog

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。